FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-06-03

標津岳

標津岳(1061m)
平成30年6月3日(日) 2名(途中1名)

0930 登山口
1025 5合目
1110 8合目
1130 頂上到着
1150 頂上出発
1255 登山口 
 標津岳が山開きなので、久々に登山に出掛けることにする。職場の山仲間と朝7時に根室市を出発し、中標津町養老牛温泉に向かう。
 養老牛温泉から、モシベツ川コース沿いの林道をしばらく走り登山口に到着。登山口ではテントが張られイベントの準備がなされていた。
 早速、準備して出発する。本日は気温が高く、歩き始めてすぐ汗が噴き出してくる。3合目くらいまでは傾斜が緩い。4合目近辺で、途中でツレと離れてしまい、体調不良なので帰るという携帯に連絡があり、1合ほど引き返したが、折角なので登ってきたらと促され、言葉に甘えて急いで登る。547m地点のツツジが丘を過ぎるとダケカンバの綺麗な樹林帯になる。6合目に清水が湧いているところがあり、7合目から傾斜がまたきつくなり九十九折に登っていく。稜線に出たところが展望台でそこからハイ松の中をくぐりながらしばらく登ると頂上である。夏山ガイドのコースタイムが2時間50分のところ、2時間丁度で登ることができた。これが1合戻らなかったらもっと早かっただろうと推察する。
 頂上からは、少しもやっているが、斜里岳、武佐岳や根釧平野が一望できた。
 頂上で大至急昼食を食べた後、下山は走って1時間で下山した(夏山ガイドのコースタイム2時間10分)。
 下山後は、養老牛温泉の奥座敷であるカラマツの湯でひとっプロ。風呂に入っていると都合4匹のアオダイショウに遭遇し、ちょっと落ち着かなかったが、気持ちの良い風呂であった。
 カラマツの湯のあと、モアン山の育成牧場で新緑と育成牛の壮大なコントラストに感動し、根室に帰る。 

http://torushimohori.sports.coocan.jp/mountain/2018/180603shibetsu/180603shibetsu.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とるしも

Author:とるしも
晴れた日には農作業、雨の日には読書が理想です。
でも、実際には、雨の日は体育館でトレーニング、晴れの日には町並みをランニングするのが多いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。