FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-04-14

金比羅神社

平成30年4月14日(土)

 根室市内をランニング(金比羅神社)

約10km
 
 早朝に中標津で震度6弱、根室市で4の地震があり、午前中は出勤。午後はあまり遠くに行けないので、根室市内を散策ランニングすることにする。
 明治公園~駒場町~金比羅神社~海岸通~岬町~ハッタリ川~総合運動公園~宝林町~家

 途中ランニングしているときに、金比羅神社にお参り。前回来た時にはきちんとレポートしていなかったので、ここに詳細を記す。
 高田屋嘉兵衛が文化3年(1806年)に創祀した歴史ある神社であるが、境内の随所にその痕跡が残っている。また、ここのお祭りは北海道の3大祭り(札幌市の『北海道神宮例祭』、根室市の『金刀比羅神社例大祭』、江差町の『江差姥神大神宮渡御祭』)の一つでもあり、1.5トンのお神輿が社務所で無料で見学できる。
 
【由緒・ホームページより】
 御祭神は古来「こんぴら様」として、信仰多き讃岐「金比羅宮」の御祭神大物主神を主神に、事大主神、倉稲魂神の御三神をお祭りしております。
 文化3年、北洋漁業開拓者高田屋嘉兵衛が統治法の漁業請負中、その守護神としてお祀りしたのを初めといたします。
 爾来当地方の開拓が進むにつれ氏神としての深い信仰を集め、家内安全、子孫長久は勿論、漁業、殖産・商業の守護神として、年と共に神威おおく深い崇敬を集めております。

【佐重門】
 昭和35年4月吉日とあり、結構古い。

【龍の画】
 「画 不仙」大正15年8月、寺村大吉奉納。

【辰悦丸の図】
 高田屋嘉兵衛所有船、奉納主松浦義信・静、昭和61年8月

【「敬神」の揮毫】
 奉納主「米内光政」。当時の海軍中将、海軍大臣、第37代内閣総理大臣。

【行幸記念碑】
 昭和11年9月28日昭和天皇が当神社に行幸。当日は荒天にもかかわらず、多数の町民が奉迎。

【安政2年の石灯篭】
 この石灯篭は安政2年(1855)に作られたもので、中台に「安政2年乙卯三月建立」、竿に「柏屋船頭中子モロ支配人番人中」と刻まれている。「柏屋」は当時、根室地域を支配していた場所請負人藤野家の屋号であり、その支配人が寄進したものである。
http://torushimohori.sports.coocan.jp/maranic/2018/180414konpira/180414konpira.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とるしも

Author:とるしも
晴れた日には農作業、雨の日には読書が理想です。
でも、実際には、雨の日は体育館でトレーニング、晴れの日には町並みをランニングするのが多いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。